ドイツの高速鉄道、ICEについて

【ドイツの高速鉄道】

世界中で運行されている鉄道。その鉄道の技術というのは、単純に工学的なものだけでなく、その国の地理や経済学や教育など、ありとあらゆる分野の学問やノウハウが関係するものです。そのため、鉄道で成功している国というのは、ある意味で軍事よりも強い技術力を持っているとも言われています。鉄道で成功している有名な国の1つであるドイツの高速鉄道、ICEについて知っていきましょう。

ICEは、ドイツの高速鉄道でありながら在来線に乗り入れが出来るという特徴を持っています。そのため、在来線と同じホームにICEが入っているという場面も見ることが出来ます。また、ICEにはそれぞれバージョンがあり、異なる特徴もあります。

車内環境はゆったりとしており、タイミングさえよければ個室を個人で使うことも可能です。さらに、指定席と自由席の明確な区切りはなく、デジタルの表示にて、その席がリザーブされたのか知ることが出来ます。1等車と2等車は、値段だけではなく、居心地や静かさが異なるため、自分に合ったものを選びましょう。食事をしたいときには、日本の新幹線には無い食堂車を利用することが出来ます。ゆったりと温かい食事を楽しみましょう。他国でもICEベースの車両が活躍しています。他国に輸出できる資源だということも言えます。

鉄道というのは人間の叡智の結集です。その中でも、今回はドイツのICEについて書かせていただきました。是非最後まで読んでドイツの高速鉄道についての知識を深めてみてください。


【当記事関連のおすすめリンク】
ICEの乗車チケットは、専用サイトを使うことで日本からでも簡単に購入できます。日本の新幹線の場合はこちらのサイトを使うことで、事前にチケット購入ができます ⇒ 新幹線 チケット